ニキビ跡を消す方法|コンプレックスを打破しよう

女の人
基礎化粧品

きちんとケアするには

ニキビ跡を消すには正しい化粧品を選ぶ事が大事で、化粧品では治せないタイプもあるのできちんと見極める事が大事です。効果のあるものはビタミンCを含んでいるものや炎症を抑える効果があるものや殺菌効果があるものです。

レディ

毎日のケアで美肌作り

ニキビ跡を消すためには、効果的な成分の入った化粧品を使用して毎日のスキンケアをすることが大切です。ニキビ跡には、赤みのある状態・色素沈着した状態・クレーターのように肌表面がでこぼこした状態の三種類があります。それぞれのニキビ跡の状態に合わせた成分の化粧品を上手に選び、美しい肌へと導いていきましょう。

化粧品の選び方

化粧品

症状に合った有効成分

ニキビ跡ができてしまったら仕方がないと諦めてしまう人が多いかもしれませんが、適切な化粧品を使用することでニキビ跡をある程度消すことが可能になります。ニキビ跡には大きく分けると赤みがあるタイプと茶色い色素沈着タイプ、そしてクレータータイプの三種類があります。ニキビ跡を消すためには、それぞれの症状に合わせた有効成分が配合された化粧品を使用することがポイントとなります。赤みがあるニキビ跡を消すためには、肌のターンオーバーを促す働きがある化粧品がおすすめです。また茶色い色素沈着タイプには、メラニンの生成を抑える働きがあるビタミンC誘導体やハイドロキノンなどの成分が最適です。さらにクレータータイプにはピーリング効果があるフルーツ酸などが含まれた洗顔料を使用し、しっかりと保湿することが大切になります。ニキビに効果があると注目されている化粧品の中には、全タイプのニキビ跡を消すことができる成分が配合されているものもあります。ドクターズコスメと呼ばれるもので、研究者によって厳選された有効成分であるEDP-3やラミリン、ピュアビタミンCやポリアミン、アップレビティが配合されているのです。また有効成分にこだわりがあるだけではなく、独自の浸透テクノロジーが採用されているため有効成分が肌の奥までしっかりと浸透されやすく高い効果を期待することができます。洗顔料や化粧水、美容液やクリームがラインナップされているものもあるので、合わせて使用することをおすすめします。