ニキビ跡を消す方法|コンプレックスを打破しよう

婦人

症状に合わせて対処を

困る女性

方法は1つとは限らない

ニキビ跡には赤くなってしまうタイプがあります。これはお肌が弱り、毛細血管に傷がついている状態です。消すには化粧水での保湿が効果を発揮してくれます。軽い場合は、この化粧水でのケアでも十分消すことができます。ビタミンC誘導体やイオン導入の化粧水を選び、毎日のケアに使用してください。ニキビ跡がシミになってしまっているタイプもあります。紫色であったり茶色くなってしまっていればニキビ跡でできたシミです。これは毛細血管の内出血が原因です。赤みがひた後にも炎症が起こることでなり、さらに紫外線を浴びて茶色くシミになってしまいます。消すには美白専用の化粧水が必要です。また、ピーリングを受けることでなくすこともできます。茶色いシミは紫外線を浴びるとますます濃く、大きくなっていきますので、紫外線対策も欠かさず行ってください。クレーター状になってしまったニキビ跡消すにはより強い炎症がおきた証拠です。そのダメージは深く、お肌が縮んでいる状態です。ケミカルピーリングを施したり、レーザーで治療するなどの処置が必要となります。また、レチノイン酸の塗り薬も利用してみてください。高額ではありますが、これぐらいの治療がこのクレーターをなくすには必須です。しこりになってしまうタイプもあります。これは炎症が起こった後に皮膚の細胞が多く生成されすぎ、毒素がたまってしまった状態です。これもクレーターと同様、専門機関での治療が必要なタイプです。